エピレタを使ったレビュー!お手頃価格の脱毛器は効果があったのか?

脱毛

「やっぱり家庭用脱毛器が欲しい!!」

結婚前に医療レーザー脱毛に挑戦していたのですが、痛みに耐えきれず、さらに忙しくて期限内に通いきれなかったこともあり、完璧に済ませることができませんでした。

まぁ、それなりにキレイになったし、いいか!と思っていたんですが…

出産してから、またムダ毛が気になってきてしまって!!

でも小さい子がいると、サロンやクリニックに通う時間もないしお金もそこまでかけられない!!

だからってカミソリで剃り続けるのも、手間だし忘れちゃったりするし肌にも良くないからできれば避けたい。

そこで雑誌やネットでよく見かけていた、家庭用脱毛器がいいんじゃないかと考えたのです。

でも、家庭用脱毛器ってすごくいろんな種類があってどれがいいのか迷ってしまう…。

お値段もあまり高いのを買うのは、気が引けてしまって。

そんな風に悩んだ結果、安くて信頼できるメーカーで…という理由で私が選んだのが、

アイリスオーヤマの「エピレタ」でした。

そこで、エピレタを使ってみた感想について、お伝えしたいと思います!

エピレタの特徴

エピレタは、このような形状になっています。

エピレタの本体は220gと軽量で、片手で持っても手が疲れる心配がありません。

サイズも縦約11㎝、横幅約6㎝とコンパクトで持ちやすいです。

この本体に、電源コードを接続して使うようになっています。

特許技術であるホームパルスライト(HPL)を搭載

エピレタは、特許技術の「ホームパルスライト(HPL)」を搭載しています。

ホームパルスライト(HPL)は、光照射に加え超音波で毛に振動を与えることにより脱毛効果を促進します。

光照射のみの脱毛器と比べて、照射エネルギーを抑えることができるのでより肌に優しく脱毛ができます!

2つの安全センサーが搭載

エピレタは2つの安全センサーが搭載されています。

一つは、肌を守ってくれる肌色センサー。

センサーが肌の濃淡をチェックして、日焼けなど使用に適さない肌色の時は光が照射されないようになっています。

もう一つはタッチセンサーと言い、照射面と肌がきちんと密着していないときには照射されない仕組みになっています。

誤って目に照射されない仕組みになっており安全に使用できます。

15万回の照射が可能

エピレタは15万回の照射が可能です。

平均的な女性一人当たりの全身脱毛は、約2~3万回の照射が必要と言われていますが、エピレタは15万回の照射が可能なので、平均的な女性5人分の全身脱毛が可能となります。

ただ、残り回数が機械には表示されないので、使用回数を把握することができません。

購入しやすい価格である

アイリスプラザで11,800円(税込)で販売されています。

他社の家庭用脱毛器と比較するとかなりリーズナブルですね。

エピレタの口コミ

エピレタの口コミを探してみると、以下のようなものが見られました。

  • 使用2週間くらいで効果がありました。特にワキは速攻で効き目あり!!
  • 手足とも、2週間おきに3か月ほど続けたらツルツルになりました。
  • とても安いのにちゃんと効果あります。確実に毛が少なくなっています。
  • いきなりツルツルにはなりませんが、2~3週間おきの頻度で半年使用し、毛深さが気にならなくなってきました。
  • 照射面積が狭い。
  • 指など、小さいところが難しい。
  • 2週間に1度、4回目が終わりましたが、今のところ効果はないです。両腕、ワキ、両足やるのに一時間ぐらいかかるので、結構疲れます。

では、次に私が実際に使ってみたレビューをお伝えします。

エピレタを実際に使ってみたレビュー

エピレタを1年ほど実際に使ってみた効果について、部位別にお伝えしていきたいと思います!

基本的に、どの部位も最高レベルの5で照射しています。

医療レーザー脱毛の痛みを経験している私にとっては、エピレタの5は全然痛いと感じずにすることができています。

照射後、少し焦げ臭いような匂いがするので「毛根に効いているのかな」という気持ちになれます笑。

効果

エピレタを使用した部位別に、私が実感した効果についてお伝えします!

注)ここでは、私が使用した部位のみ報告していますが、エピレタは目の周りとIラインとOライン以外の全身に使用可能です!!

ワキ

ワキは医療レーザー脱毛を4回受けており、もともと半月に1回ほど数本伸びてくる毛を処理しているような状態でした。

なので、照射する頻度もあまり多くなく、2~3週間に1度、レベル5で照射するのを3か月ほど続けていました。

続けているうちに、生えてくる頻度がすごく遅くなりました!

満足して照射をやめてしまって半年たった今、ひと月に3本ぐらい細長い毛が生えてくるようになったので、また照射を開始しようかと思っています。

ひざ下

ひざ下も医療脱毛4回ほど受けたのですが、痛みが強すぎてレーザーの出力を弱くしてもらっていたせいか、ほぼきれいになったものの、部分的に毛が生えてきてしまっています(ひざと足首)。

主にひざのお皿の部分だけ月に1回程度、1年間照射してきたのですが、生えてくる速度は遅くなったものの、毛が太いせいか黒いポツポツがずっと残っているような状態になっているのが気になっています。

あと、ひざは骨がでているせいか照射面がうまく密着されないようで、なかなか照射できない時があり少しストレスを感じることがあります。

照射数日後に、太い毛がスルッと抜けるのが気持ちいいので地道に続けていこうと思います。

足首は、ひざより毛が細いからか照射を続けるうちに目立たなくなってきて、2か月に1回ぐらい細い毛が生える程度です。

腕はエピレタを2週間に1度続けていますが、生えてくる量自体は大きく変わっていない気がします。

しかし、生える速度が遅くなり毛も細く目立たなくなったと思います。

完璧につるつるにしたい人にはまだまだ物足りない状態かもしれませんが、私は毛質に変化が見られただけで結構満足しています。

あと両腕となると表面積が大きくなる分、照射回数が増えるので、当てるのが結構大変です。

口周り、あご

口周りやあごは、出産後に毛が太くなってきたと感じて、気になっていた部分です。

ですが、エピレタを使ってみて、口周りやあごの毛に効果があると思いました!

形状的に、照射面の当て方に少しコツがいりますが、しっかりあてれば照射できます。

1回あてただけで、口周りや顎がすべすべになります。

2~3週間に1度続けると、生えてくる速度や量がどんどん減り、毛も細くなっていってるのを感じています。

個人的に、エピレタを購入して1番良かったと思えるのは、口周りとあごの脱毛かと感じています。

指も産後に毛が太くなってきたため、ぜひ家庭用脱毛器で脱毛したい部分なんですが、指にきちんと照射面をあてるのがすごく難しいです!

タッチセンサーが全然反応してくれません。

数回に1回反応して照射できますが、1度の脱毛タイムで1、2回当てるのがやっとで、あまり成果は出ていません。

指にうまく照射できないのは、私の中では残念なポイントでした。

エピレタの使用感

エピレタは軽くて持ちやすく、広い部分に照射するにはとても使いやすいと思います。

また、きちんと照射を継続し続ければ、毛が生えてくるのが遅くなったり、毛が細くなる等、一定の効果はあると実感しています。

ただし、最近の家庭用脱毛器にあるような連続照射の機能はなく、1回1回自分で操作して照射するので、1度の脱毛に少し手間がかかってしまいます。

痛みについては、医療レーザー脱毛は耐えられなかった私でも、最大出力の5で平気で照射できるのでそこまで強くないように思います。

痛みよりも、照射後毛穴がじりじりと焼けたような感じがすることがありました。

ただし冷却機能はないため、冷やしながら脱毛したい方は自分でアイスパックなどを用意して行う必要があります。

 

また、照射面が肌にきちんと接していないと照射ができないのですが、それがかなり厳密で少しでも照射面が浮いていると反応しなくなります。

安全に使えるという点では良いのですが、指のような幅の狭い部位や、ひざやひじなど骨が出ているような部分ににあてたいときに照射面を密着させるのは難しいので、すごく困ります。

なかなか反応してくれず、少しイライラしてきてしまうこともあります。

もし、指の脱毛をメインに考えているなら、違った形状の脱毛器を選んだほうが良いかもしれません。

エピレタの使い方

では、エピレタの使い方を見ていきましょう。

1.シェービング

エピレタを使う前に、脱毛する部位の毛をカミソリで除毛します。

フラッシュ脱毛は黒色に反応するので、毛が残っていると痛みが伴います。

2.電源ボタンをオン

除毛したら、エピレタの電源コードを接続しましょう。

エピレタと電源コードは、こんな感じでケースに入っています。

コードを接続したら電源をオンにし、出力レベルを調整します。

出力レベルは1~5まであり、1が1番弱く5が1番強いです。

痛みに弱い人は1から試して徐々に出力を上げていくのが良いと思いますが、5でもそこまで痛くないと思います。

1だと脱毛効果は弱いので、なるべく強くするのがおススメです。

3.肌への照射

出力の設定をしたら、肌に照射していきます。

こちらの面の白い部分がしっかり肌に当たっていないと照射できないので、気を付けて行っていきます。

エピレタはそこまでパワーのある脱毛器ではないので、レベル5で照射しても痛くて耐えられないということは恐らくないと思うのですが、もし痛いときは冷やしながら照射していくのが良いでしょう。

4.冷やす&保湿する

脱毛が終わったら、少し肌が熱を持っているような感じになるので、冷やします。

冷やした後、ボディローションなどで保湿して完了です!

5上記のお手入れを、決まった周期で行う

エピレタを使った脱毛は、以下の周期で行います。

  • 脱毛1回目~4回目 2週間おき
  • 脱毛5回目~7回目 4週間おき
  • 脱毛8回目以上 希望する状態になるまで必要に応じて行う。

エピレタを使用して感じたメリットデメリット

私がエピレタを使用して感じた、メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  1. 軽くて使いやすい。手軽に使える。
  2. 安く手に入れることができる。
  3. 継続して使うことで、抑毛効果がある。
  4. 痛みが少なく、肌に優しい。

デメリット

  1. 面積の小さい部分に照射しにくい。
  2. 使用を中断すると、またムダ毛が生えてきてしまう。
  3. 照射回数が表示されないので、あと何回照射できるのかわからない。

エピレタをおすすめする人

エピレタは、次のような方にぜひおすすめです!!

  • なるべく安く光脱毛器を手に入れたい人
  • 長く使い続けることができる人
  • 脱毛の痛みが苦手な人
  • 肌が弱い人

 

逆に、エピレタをおすすめできない人は、次のような方です。

  • 脱毛器にお金をかけることができる人
  • 痛くても大丈夫なので、脱毛効果が強いものが良い人
  • 脱毛したい部位の面積が大きい人(エピレタは1回あたりの照射面積が小さいため、かなり手間がかかってしまう)
  • 細かい部位の脱毛がしたい人

安い脱毛器でも実際に効果はある?

エピレタは家庭用脱毛器の中ではお手頃価格なので、気軽に購入しやすいです。

家庭内で気軽に光脱毛を試したいという方には、とても良い商品だと思います。

しかし、脱毛効果が強いとは言えず、また細かい部位には当てにくいなどデメリットもあるため、高性能な脱毛器を希望する方にはあまり適していないと考えられます。

剛毛な方や肌が弱い方にも効果的に使用できる脱毛器を調べていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。▼▼▼

剛毛や毛深い悩みに効果のある脱毛方法は?私が家庭用脱毛器を選んだ10の理由!
「子供のころから毛深く剛毛なのがコンプレックスでずっと悩んでた。」 「剃るたびに太くたくましい毛に立派に生え変わり、足だけをみると男性のようで、まるで「オス化」しているのではないかと疑うほど。」 「友達がツル...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました